MENU

肝硬変【わたしは大丈夫】と思っている方にこそ読んでほしい

 

肝硬変は文字通り肝臓の組織が硬くなる状態のことです。
肝臓は半分以上を切除しても、元の大きさに戻るほど再生能力が強い器官です。
お酒の飲みすぎや肝炎などで肝臓が傷つく、再生してもとに戻るが繰り返されると、肝臓が線維化していきます。
肝臓の細胞周囲に線維が多くあると、肝臓の表面に凹凸が作られて組織としては固くなります。
この状態では本来の肝臓の機能は働くかなくなり、肝硬変となります。
肝硬変になってしまうと、組織はもとにもどりません。

 

日本では、肝硬変の約80%が肝炎ウイルスが原因で、残りがアルコールが原因となるものです。
アルコールが原因の肝硬変では、アルコールの摂取量が大きな要因ですが、女性は男性に比較すると、アルコール量が少量、短い期間で肝硬変を起こします。
肝硬変になると肝臓ガンの発生率が高くなり、肝硬変の死因の約半数が肝臓ガンの合併によるとのことです。

 

肝硬変では肝臓の機能が正常に働かなくなるので、次のような症状が現れます。
・黄疸
血液中や胆汁中に含まれる黄色い色素であるビリルビンは、肝臓の機能が低下すると血液中に多くなり、
皮膚が黄色くなる黄疸となります。

 

・腹水
肝硬変になると、肝臓に入る門脈に圧迫され、血液中の水分、タンパク質が血管の外ににじみでてきます。
水の量が増えるとお腹に貯まるので、お腹が張ってきます。
この悪循環は腹水を加速します。

 

・出血
肝臓では、血液を固める凝固因子であるプロトロンビンを作っています。
肝臓の機能が低くなるとプロトロンビンが少なくなり、青あざができたり、鼻血が出やすくなったりします。
一度出血すると、止まりにくい場合もあります。
また、胆汁の流出が少ない肝不全では、脂溶性ビタミンであるビタミンKの吸収が阻害される場合があります。
ビタミンKはプロトロンビンを作るのに必要なビタミンであり、注射などで補充をしないと血液の凝固障害がすぐに見られます。

関連ページ

新時代の肝硬変予防法
こちらでは肝硬変の予防法・症状など、今の時代の最新情報について解説しています!